食品を長持ち保存方法

食品を長持ち保存方法
簡単料理レシピ・食材の保存方法など

節約暮しの裏技 HOME > 料理の節約技 > 食品を長持ち保存方法

食品を長持ち保存方法

野菜の鮮度を保つには乾燥を防ぐ

野菜の保存には、乾燥させないことが大切です。 湿度が高めに調整されている冷蔵庫の野菜室に入れる場合でも、ビニール袋やラップで包みましょう!!

小松菜などの青菜類などは、ぬれた新聞でくるんで、さらにビニール袋でふんわりと包んで冷蔵庫に入れます。


使いかけが出ることが多い大根、かぼちゃなどは、切り口をラップでピッタリとふさいでおきます。

野菜は生えていたときの向きで保存

自然に近い状態におくことも、鮮度を保つコツのひとつ。 畑で栽培されていたときのように立てて保存しましょう。 大根、ごぼう、ねぎ、白菜などは湿った新聞にくるんで立てかけておきます。

泥つきの野菜は、庭やベランダで土に埋めておくと長持ちします。

冷蔵庫に入れてはいけないもの

じゃがいも、さつまいもなどのイモ類は、冷蔵庫に入れると、でんぷんが老化して味が落ちます。 バナナが黒ずんでしまうのも、冷温障害を起こすからです。
冷蔵庫には入れないようにしましょう。
他に、ごぼう、玉ねぎ、にんじん、かぼちゃ、キャベツ、にんにくなどは、包丁を入れていない状態なら冷蔵庫に入れずに、新聞紙に包むなどして冷暗所に置けば、十分に保存出来ます。 マンションなど冷暗所がなち所は、ベランダに日陰を作って、箱を置いたりするのもオススメです。

じゃがいもは、直接日光に当たらなくても、明るい所に置いただけで、表面が緑色に変わって苦くなる。

大根やかぶの葉は別々に保存

大根やかぶの葉は、付いたままにしておくと、根の水分をどんどん吸い上げて、根の部分がスカスカになってしまいます。 葉を使う場合も、切り落として、別々に湿った新聞紙にくるんで保存しましょう。

もやしは水に付けて保存

もやしは、買ったときの袋に入れっぱなしだと痛んで悪くなってしまいます。 蓋が出来る密封タッパを用意します。 タッパに水を張りもやしを入れて冷蔵庫で保存します。 タッパの水は、まめに取り替えます。

氷を長持ちさせる方法

氷を作る時は、一度沸騰させて冷ました水を製氷機に入れます。 沸騰した水は、空気が抜けて氷の密度が濃くなるため、溶けにくくなります。 白く濁った部分が少ない氷になり、美味しさが増します。

Copyright © 節約暮しの裏技 All Rights Reserved.