1. TOP
  2. 節約料理レシピ
  3. 美味しいココアの作り方

美味しいココアの作り方

ココアは体に良いと知っていましたか?ポリフェノールが多く含まれているので健康に良いと言われています。

1. 動脈硬化を防ぐ
カカオ・ポリフェノールは、動脈の繊維にコレステロールがたまったり、LDL-コレステロールが酸化を受けて動脈硬化が進むのを防ぐことが、ラットや人によって確かめられています。

2. がん予防に期待
がんの発生メカニズムにはまだ不明なところが多々残されていますが、まず変異原物質が細胞のDNAに突然変異を起こし、次いで促進物質がかん化した細胞を活性化することによってがんが発生すると考えられています。しかし、試験管内に変異原物質と同時にカカオ・ポリフェノールを加えたところ、細胞DNAの突然変異が抑制されることが確かめられました。

3. ストレスに打ち勝つ
身体的にストレス状態にあるラットにカカオ・ポリフェノールを与えたところ、ストレスにうまく適応することがわかりました。また心理的ストレスにたいしても抵抗力が強まることが確かめられました。

4. アレルギーやリウマチにも効果
アトピーや花粉症などのアレルギーは現代病のひとつとして大きな問題になっていますが、マウスにカカオ・ポリフェノールを与えたところ、アレルギーの原因となる活性酸素の過剰な働きが著しくおさえられました。さらにチョコレートを人に食べてもらったところ、おなじ効果がみられました。

日本チョコレート・ココア協会:引用)


うちの旦那はものすごくココアが好きです。なのに、森永のミルクココアしか飲んだ事がありません。「本物のココアを飲ませてあげるよ!」と言うことで作ったら家族に大好評!毎日のようにリクエストを受けます。子供も大絶賛です。


お菓子作りで使っているココアを用意。ココアは
ママの手作りパン屋さんで強力粉、小麦粉を買うついでに購入しています。パン、お菓子作りをよくしているのでまとめ買いしています。セロハンテープで消費期限を書いています。手書きという所がアナログですね。
保存容器:オクソー ポップコンテナ スモールスクエア ショート
ココア:バンホーテンココア


ココア大さじ1.5、砂糖大さじ1.5杯を入れます。(我が家は2人分です)
鍋:アルミ打ち出し手坊主21cm

坊主鍋は、和菓子を作る時に使います。熱が全体に均等に伝わるので使いやすいです。お鍋はなんでも構いませんがミルクパン片手鍋などがあると便利ですね。


少量の牛乳を入れ、弱火で砂糖を溶かします。一度火を止めてダマを潰します。


牛乳300mlを入れて弱火で煮ます。この時沸騰させないように注意です。沸騰させると牛乳なので膜が出来ます。


沸騰直前で火を止めます。う~ん、美味しそう。


コップ(マグカップ)に入れて完成です。
カップ:サーモスのタンブラー


サーモス 真空断熱タンブラー

1本1,500円ぐらいしますが、私はお客さん用も入れて合計6本も買いました。これで、ビールも美味しいです。
(保温、保冷のタンブラーの話はこちら)