1. TOP
  2. 家計簿の管理
  3. 家計にかかる出費の予算管理

家計にかかる出費の予算管理

出費の内容を確認する

couple_kakei
家計費の予算を立てる時、多めに予定を立ててはいけません。 ギリギリに予定を立てます。 もし、予算が余ったとしても使う事を考えてはいけません。 余った予算は、繰り越したり、使ったりせずに貯金にまわします。 どんぶり勘定が一番お金が貯まりません。

無駄遣いは控える

お小遣いの予算を立てた時に、「洋服が欲しい」「飲みに行きたい」など贅沢なお小遣い設定はお金が貯まりません。それは、本当に必要な物なのかを考える事が大切です。

自分のお小遣いを確保したいのなら、何か節約をして浮いたお金を使うようにします。 どうしても買わなくてはいけない物、出費が必要な物は、前もって計画的にお金を使うようにします。 計画的にお金を使うようにします。どうしてもの時の出費(病院・入院等)もあるので、多少の蓄えがあると心強いです。

ケチらないポイント

「永く使える家電製品はケチらない」一度、後悔した事があるのが家具・家電製品をケチった事。 家電製品などは、永く使えます。 私は、結婚当初に「一人暮らし用の家電製品」を買ってしまいました。 炊飯器・洗濯機です。

今は、家族が増えて、炊飯器・洗濯機が小さくって不便を感じます。 壊れるまで使うつもりでいますが、不便で仕方がありません。 高価な物は、永く使える大きさ、サイズなどを考えて購入します。

recycle
不必要になった家電はリサイクルに持って行くと、買い取ってくれます。電子レンジを買い取って貰った時、5000円になったのは驚きました。捨てても良いぐらい汚れていたので、逆にリサイクル料が取られてしまうのではと思ったぐらいです。リサイクル出来るものは、中古屋さんに持って行ってみましょう。それでも、お金にならない物は捨ててしまいましょう。家に置いとくと保管するのに場所を取ってしまいます。