1. TOP
  2. 家計簿の管理
  3. お金の貯め方 コツコツ貯める

お金の貯め方 コツコツ貯める

お金は少しずつ貯めれば山となる

money_tsuchou_cashcard

独身なら、自分一人のお小遣いでお給料を使えますが、結婚をして、子供が出来て家族が増えると、やりくりが必要になって来ます。 食費・生活費・お小遣い・子供の学費など、遣うお金も増えて来ます。

将来の事を考えて、子供の為に貯金をしたい、老後の為に貯金をしたい、貯金したい理由は様々です。 少ないお給料をやりくりするのは、主婦の努力が必要です。

お金の無駄遣いは控える

money_fly_yen
人は「物欲」があります。「欲しい!」と思ったら絶対に手に入れたくなったり、「美容室に行きたい!」と思ったら 行かずには居られなくなります。 その「急に思いついた物欲」をいかに計画的にするかが大切です。 「欲しい!」と急に思っても、冷静になる事が大切です。

慌てて買い物をしても、良い買い物だとは限りません。 数日、布団の中で考えて、それでも必要ならば買えば良し、諦めが付くなら忘れてしまう事も大切です。 「物欲」に勝つには「貯金をしたい!!」と思う強い信念が必要です。
bankgoods
●自分に合った貯金箱を探す

たまには自分にご褒美

picnic
結婚をして二人だけだった生活が、子供が増える事によって、さらに家計費が必要になって来ます。 ですが、家族が増えても、お給料はそれほど変わりません。 家族が増えると、光熱費・食費・生活用品費などの出費が増えます。

出費が増える中で、どこを削るかといえば「自分のお小遣い」しか削りようがありません。 「自分のお小遣い」は、その月の生活費を上手にやりくりして、浮いたお金を遣うようにします。 それが、自分のお小遣いとなれば、「節約」に力を入れない訳にはいきません。 家族が増えて、どこを削るか迷ったら「一番に自分のお小遣い」を削りましょう。

貯金を楽しむ

コツコツお金を貯める事は大変な事ですが、ある程度貯まってくると楽しい物です。遣ってしまうのは、あっという間。貯めるのはとても時間のかかる事です。でも、頑張り過ぎず楽しみながら貯める事が大切です。ストレスを感じてしまうと、衝動買いをしてしまい遣いすぎてしまうからです。難しく考えず、楽しんで貯金しましょう。