1. TOP
  2. キッチン用品
  3. 洗い物が楽になる水切りカゴ

洗い物が楽になる水切りカゴ


以前、使っていた水切りカゴはプラスチック。4,000円ぐらいで一番でかいタイプを買いました。お鍋の蓋が入るぐらいの大きさです。でも、ザルの部分に水垢がすぐに付きます。洗っても洗ってもすぐに付きます。黒カビになった時は漂白剤に付けないとダメですね。梅雨時なんて最悪です。一番下のカゴの方も、毎回洗うたびに水切りしていました。怠ると赤カビが付いてヌルヌルしていました。


そこで、出会ったのがラバーゼの水切りカゴ(ステンレス)です。


洗った水が全部下に流れてしまいます。


水たまりは少し残るので、お皿を全部拭いたらトレーも拭きあげています。そのままにすると水跡が残ります。


家族4人分の食器が余裕で乗ります。ルクルーゼ24cmの蓋も平らに置けます。水切りカゴは、大、小、スリムの3種類があるので、キッチンスペースに合わせて選べます。うちは「大」を使用しています。
(ラバーゼの水切りカゴはこちら!)

洗い終わったお皿は拭いて、別の場所で乾かしています。ラバーゼを使ってから水切りカゴ(ラバラーぜ)に水垢が付いた事は一度もありません。一番下のトレーもその都度拭いています。毎週のようにキッチンカゴを洗っても黒カビ、赤カビが付いていたので、衛生的になりました。金額が高いですが、一生物と思って買いました。ずーと気になっていたので購入して正解でした。もっと、早く買えば良かったかなーと思ったぐらいです。