1. TOP
  2. 節約・裏技
  3. スキンケアを節約して使う方法

スキンケアを節約して使う方法

節約して化粧水を使う方法

一番、肌にストレスを与えるのは、 汚れが肌に残っていること。 しっかり、クレンジングをして肌の負担をなくしてあげるのが大切!! どんなに疲れていても、必ず化粧は落とす。 肌が生まれ変わりは「20時~夜中の2時」と言われてます。 その時間帯に、肌の負担をなくしてあげるのが理想です。

お肌には水分をたっぷり与えること

最近の化粧水は、とても高いです。 日本の化粧品の高い理由は「日本人は高い化粧品しか買わない。高い化粧品の方が効果があると思い込んでいる」 と海外の化粧品スタッフに言われた事があります。

確かに「高い=美容効果がある」というイメージを持ってしまう。 化粧品は、高額だからといって高品質とは限らない!! 低価格で、高品質な化粧品が一番理想。コマーシャルなどに騙されず、口コミを大切にしましょう。

簡単に出来る市販化粧品節約基礎化粧

040906_1825001
基礎化粧で一番大切なのがクレンジング!! しっかり毛穴奥の汚れを落とすこと。 クレンジングは、コットンなどで拭くタイプより「洗い流すタイプ」の方が肌に負担をかけません。

石鹸は少ない量でよく泡立てる

040905_2045001
洗顔は、よく泡立てる事が大切です。 表面だけを洗うのではなく、毛穴の奥まで洗えるように細かい泡を作ります。 この時、みかんなどのネットを使うと上手に泡立てる事が出来ます。
awadatenet
●泡立てネットはこちら

泡立てネットを使えば、細かくて、フワフワな泡を作れます。

化粧水をたっぷりコットンにつけます

040906_1840001
化粧水で保湿します。この時に大切なのは、パッティングです。 コットンに化粧水を含ませて、パチパチと肌を叩いて下さい。新陳代謝効果もあり肌がうるおいます。 パッティングを手でやる方法もありますが、それだと手が化粧水を吸ってしまいます。 ですので、私はコットンを使用しています。
cotton
●美顔用コットンはこちら

安いコットンだと毛が顔に付いてボロボロになるので、崩れない物を選びましょう。

化粧水を節約する方法

040906_1839001
コットンに化粧水を付ける時、中心の周りを水で濡らします。 【上】:周りを水で濡らしたコットン。 【下】:なにもしていないコットン。 見比べると分かると思うのですが、上のコットンは化粧水が中心から逃げません。 下は、化粧水が必要以上に広がっています。 このようにして使えば、化粧水の節約にもなります。