1. TOP
  2. 節約・裏技
  3. 手作り化粧水で素肌美人

手作り化粧水で素肌美人

梅の種化粧水【美白】

梅干の種は、よく洗い、水を切り、一晩干します。 「日本酒100ml」「梅の種5個」を用意します。 密封容器に、日本酒と梅の種を入れて1週間冷蔵庫で寝かせます。 1週間経ったら、ガーゼでこして容器に移します。 作ってから1週間以内で使い切ります。 梅の美白効果で、肌がキレイになります。

●手作り用化粧品容器はこちら

みかんの皮の化粧水【肌しっとり】

fruit_orange2
みかんの皮を天日干しでカラカラに乾かします。 乾いたら、みかんの皮を細かく刻んで「ベビーオイル」に浸すだけで出来上がり。 みかんの皮の成分がオイルに溶け出し、しっとりとした肌になります。

尿素とグリセリン化粧水【肌を保湿】

尿素とグリセリンを用意します。
(尿素は、「ちっ素46」と成分表示されている物を使います。) 中をキレイに洗ったペットボトルに「尿素50g」と「水道水200ml」を入れ、蓋をして完全に溶かします。 溶けたら、グリセリン小さじ1を加えます。もう一度蓋をして、よく混ぜます。 これで、化粧水原液の完成です。 原液を、水5倍以上に薄めて使います。 材料費が安く、安心で保湿に優れている節約手作り化粧水です。 大人から子供まで、顔・手・体の全身に使えます。 残った原液は、冷蔵庫に保管し、半年以内に使い切ります。

●尿層
●植物性グリセリン

緑茶化粧水【シミ・くすみ・美白・老化防止】

obon_ocha
緑茶には、老化防止のビタミンA・C・Eを豊富に含んでいます。 保存容器に、「焼酎300ml」「緑茶大さじ3」を5日漬け込みます。 茶葉を取り出し、「グリセリン小さじ1」を混ぜます。 洗顔後に、たっぷりの「緑茶化粧水」を顔につければ、しっとりとした肌になります。

紅茶化粧水【にきび予防】

茶葉には、殺菌作用があります。 紅茶のティーパックを煮出して冷ましたら化粧水の完成です。 紅茶化粧水は、にきび予防になります。

アロエ化粧水【乾燥肌防止・日焼け炎症を鎮める】

plant_aloe_kaniku
「アロエ300g」「アルコール度25度の焼酎650ml」「グリセリン65ml」を用意します。 アロエは洗って汚れを落とし、5mmの長さに切ります。 密封容器に、アロエ、焼酎を冷暗所で1週間保管します。 アロエの色が、黒っぽく変色します。 液体が黒っぽくなったら、グリセリンを加えて完成です。 1年間常温で保存して使い切ります。

ゆずの皮化粧水【美白・保湿】

「ゆずの皮2個分」「アルコール度25度の焼酎500ml」「グリセリン50ml」を用意します。 密封容器に全て入れ、3週間以上、日陰に置いたら出来上がりです。