1. TOP
  2. 節約・裏技
  3. 食費の節約、気軽に始める節約術

食費の節約、気軽に始める節約術

簡単に始めるなら食費の節約

節約をするなら食費を見直す事から始めましょう。食費は、どうしても出費が多くなりがちです。食べたい物、飲みたい物などを好きなだけ買っていると、無駄に多く買っている事はよくあります。

冷蔵庫にあるのに、また買ってしまった。使わないのに買ってしまった。賞味期限が切れてしまい捨てる事になった。食材を多めに買い過ぎてしまった、など、食費の節約は、無駄遣いを無くすポイントが大きいのです。

冷蔵庫の中をチェックする

冷蔵庫をチェック、食費の節約方法

買い物をする前に、食材をチェックしましょう。冷蔵庫の中、野菜ストック、調味料など確認しておきます。無駄買い、同じものを買ってしまうなど防ぐことが出来ます。

事前にチェックする事で、必要な物だけを確認する事が出来ます。食材は、新鮮さが大切です。古くなると、鮮度が落ち、傷み始めます。事前にチェックする事で、古い食材を使う事が出来ます。それによって、破棄される食材が減ります。

メモ帳を付ける

買い物リストを付ける事で、無駄買いを防ぐことが出来ます。必要な食材だけを買うようにしましょう。無計画に買い物をしてしまうと、必要な物以外も買ってしまいます。

食材は、まとめて買う

食材は、毎日、買い物に行かずに、2~3日分の食材を買い溜めしておくと、大きな節約になります。毎日、買い物に行くと、買う必要のない物まで買ってしまいます。

醤油が無くなり買いに行った時、醤油だけを買うはずが、他にもたくさん買ってしまう経験はありませんか?醤油だけなら数百円で済みます、それが、他の食材も買う事で、3000円も買い物をしてしまったという事を、経験している方は多いのではないでしょうか。

なので、買い物をする時は、2~3日分、まとめて買うと、無駄買いを防ぐ事になり、大きな節約に繋がります。毎日、買い物をするという事は、無駄遣いをする回数も増えるという事になります。

3日分のおかずレシピを決めておく

食材を2~3日分買い溜めしておくには、3日分のレシピを決めておく必要があります。そのレシピに合わせて買い物をすれば、無駄を防ぐことが出来ます。

買い物しながら、その日のおかずを決める方法は、欲しいままに買い物をしてしまい、いつも以上に買い物をしてしまいます。2~3日分、レシピを決めて買い物する事で、食材の使いまわしをする事が出来、家に食材で工夫しておかずを作る事が出来ます。

日持ちする物をストックしておく

じゃがいも、玉ねぎなどは、日持ちするので常にストックしておくと便利です。おかず、惣菜、汁物など幅広く使えます。葉物は傷みやすいので、新鮮なうちに食べるようにします。

スパゲッティ、麺類、粉類など、とっさに料理を作れます。一品料理にしたり、惣菜料理にしたり、使える幅が広いので便利です。

外食は控える

外食を控えると食費の節約になる

外食をすると出費が増えます。例えば、イタリア料理、スパゲッティを食べに行ったとします。一人1000円、5人で5000円以上。家族が多ければ、その分、出費もかさみます。

家で、スパゲッティを作れば、200円ぐらいで作る事が出来ます。5人家族なら1000円もかからずに作る事が出来ます。外食を控えて、家で作って食べると、大きな節約に繋がります。

捨てる部分も食べられる食材

食費の節約、皮つき野菜は食べる

皮を剥かずに食べられる食材、大根、人参などはキレイに洗って食べましょう。じゃがいもは、皮つきで食べられます。泥をよく落として、キレイに洗いましょう。芽が出ているじゃがいもは、食べないで下さい。

ほうれん草は根も食べれる食費の節約方法

ほうれん草、小松菜の根は、砂を落としてキレイに洗って食べられます。大根の葉、人参の葉、カブの葉などはとても栄養価が高いので、積極的に食べたい食材です。

ブロッコリーは、茎の部分も食べられるので、茹でて食べたり、スープに入れたりして食べられます。

ごぼうは、キレイに洗い過ぎず、泥を落とす程度に皮をこすげ落として使います。れんこん、生姜、など、皮つきの野菜は、キレイに洗えば皮つきで食べられます。

食材は、捨てる部分を少なくして、料理にすると栄養が取れて、健康にも良いですし、節約にもなります。ゴミも減ればエコになります。節約は、お財布にも地球にも優しいですね。

お菓子は買い過ぎない

お菓子は、買い過ぎないようにしましょう。食べる分だけ買うようにしましょう。お菓子でお腹をいっぱいにしない程度に買いましょう。

飲み物は買わない

ペットボトルを買うと高いので、飲み物は自分で作って水筒で持ち歩きましょう。お財布の節約にもなりますが、エコにもなり、ペットボトルのゴミが出ません。

お酒は控えましょう

酒代はとても高いです。毎日、ビールやお酒を飲む家庭の出費はとても高いです。お酒を少なくすると、節約にも繋がります。

節約をするなら食費から

まず、家計簿を見直すなら食費から始めましょう。節約をするからと言って、栄養不足では困ります。栄養をしっかり取り、バランスの良い食事をしながら、無駄を省いた食材の使い方が大切です。

安い物を買って来て、栄養バランスを考えず、安い物ばかり食べて節約をしてはいけません。食費は、無駄遣いをなくす事が節約の第一歩です。

健康は財産

栄養バランスを考えた食事で節約

毎日の食事はとても大切です。体に入れる食べ物で、健康にも病気にもなります。安いからと言って、パンばかり食べていたり、コンビニのおにぎりばかりを食べて、節約をしてはいけません。

適度な食事、運動、睡眠が体には必要です。今食べた物は、5年後の体を作ると言われています。健康だから大丈夫と思っていても、添加物や加工品、冷凍食品ばかり食べていると、病気に好かれる体質になってしまいます。

病気になると、病院代がものすごくかかります。健康ほど高価な物はありません。どんなに大金を払っても、失ってしまった健康は取り戻すことが出来ません。

便利な時代に任せて、食事を疎かにしていると、癌・精神病・アトピー・喘息・現代病にも繋がります。食事の節約する為に食事を疎かにするのではなく、捨てる部分の食材(皮・葉・茎・根)にも栄養が豊富なので、食べれる部分は残さず調理する事が大切です。

食費の節約ポイント

  • 買い物する前に冷蔵庫をチェック
  • 必要以上の買い物はしない
  • 買い物リストを作る
  • 毎日買い物に行かない
  • 無駄買いはしない
  • 古い食材から使う
  • 捨てる部分も食べられる食材
  • 破棄する食材は少なく

1日3食の食費を見直すと、大きな節約に繋がります。捨てる物は少なく、無駄買いをし過ぎないようにする事が大切です。お菓子などは、少量しか入っていないのに、袋ばかり大きく、お腹を満たす事は出来ません。1日3食しっかり食べる事で、お菓子などの間食を減らす事も出来ます。

食べ盛りの子供がいる家庭では、栄養をしっかり取りたいです。ケチるのではなく、無駄を無くす事が大きな節約になります。